うたプリのリズムアクションゲーム、ShiningLive 
通称シャニライ。

遂にリリースされましたね。




元々このブログはゲームうたプリの感想を書くために作ったので、(とはいえ音ゲーの感想ばかり書いていますが…)
大本命のシャニライ、ざっくり感想書きたいと思います。

ちなみに推しは美風藍さんです。











動く推しに泣きそうになる

3D頭身のキャラが動きます。
ほぼほぼ開発中の画面と同じですが、実際に喋って動いてるのを見るとなんとも…なんとも…(泣)


通称(私が勝手に呼んでるだけの)携帯彼氏モードではタッチすると色々喋ったり反応したりします。好感度上がったりもします。あれ?これボイフレっぽくない??

ただタッチしても反応が悪かったり、タッチのみでスワイプによる反応が得られないところはちょっと残念です。
推しの頭撫でさせてくれ…(切実)


全体的に喋ってくれるボイスは優しいです。完全にAS以降。想い通じ合ってる。

私はAS藍ちゃんのミスしたら容赦無く『ダメ』と言ってくるところが好きだった(同時につらかった)ので、好感度によってどんどん仲良くなる仕様だったら面白かったかも。





(やっぱり大天使)









システム面だったり

こちら最初からプレイ出来る楽曲は少なく、ストーリーを読むと楽曲が解放される仕組みになっております。

そのストーリーを読むのもレベルを上げてストーリーチケットを手に入れないと読めないので…ま、まどろっこしい!


楽曲は皆さんご存知の通りもう文句なしですよね。さすが楽曲で乙女ゲー界のレジェンドになっただけあります。

最初から出来る楽曲のうちにマジLOVE1000%あたりを入れといてほしかったですねー。

有名な楽曲があれば、ゆるオタというか、あんまりうたプリのこと知らない人にも興味持ってもらえると思うのですが…

(まあそこまでしなくてもガチオタだけで賄えるほどうたプリは人口多いわけですが)






音ゲーパートについて

シャニライでは『ライブ』と呼ばれるパートですね。 

やっぱり何倍お金かかっても踊ってほしかったなあ…(ボイきらや最近ハマってる歌マクロスを見ると余計に思います)

プレイ中にキャラが話しかけてくれるのはやっぱりいいですね。最高。

曲の最後の方になると気が抜けがちなのですが、見計らったかのように『油断しないで』と声をかけてくれます。最高。



譜面はまあやりづらいです。笑

最近の音ゲーアプリって大抵はドラムやベースの音に合わせた譜面になってると思うんですけど、シャニライは感覚で叩こうとするとミスになりますね。

ええっ ここスカスカなの?
逆にここで大量なの!?
なんてことが多く全体的に譜面は好きじゃないです。


判定はめちゃくちゃ易しい。
ミスしてもダメージが少ないのでよほどでない限りゲームオーバーなんてことはないかと思います。

音ゲー苦手な人にもやりやすいのではないかと!












ざっとこんなかんじでしょうかね。


待った分期待値が上がってしまいましたが、あのうたプリが遂に音ゲーを出したことそれだけで泣きそうなくらい価値のあることだと思いました。



これからイベントなども始まってくるでしょうし、まだまだ沢山の神曲たちが待ち構えていると思うので楽しみにプレイしたいと思います\(^o^)/


なにはともあれ楽曲が最高なのでオールオッケーですヾ(๑╹◡╹)ノ"









私がシャニライ待ちの間にハマってしまった音ゲーがこちら→